スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ibanez ATK305だと思う

SlipKnoTの新譜はいつ出んのかなーと思って調べたら一昨日出てた。
三枚目の時は発売日を指折り数えていたのに
で、新譜を聴いた所で、まぁ別にフツーだなーと思いました。
マスクも半分位変わり映えしてえないし
僕の嗜好も大分変わった様です。
昔買い漁ったマスクは大事に保管してあるけども。マスクは別腹です。フェチズムは永遠です。

と言うわけで今回ご紹介するのは
昔大好きだったけど今はどうでもいいSlipKnoTのベーシストPaul Grayも使ってるアイバニーズのATKシリーズの結構古いやつの5弦モデル
つーか人から中古で5弦の事をよく知らんで買ったやつなんで、型番合ってるのかどうか解らんのですけど
多分ATK305
SANY0008.jpg
10年くらい使ってる筈
トリプルコイルとか言う変なピックアップと、やたらと長く裏通しもできるコンパチ仕様段平装甲ブリッヂには定評がある。見た目的に
SANY0015.jpg
SANY0013.jpg

ボディはアッシュ。ネックは3ピースメイプル。指板もメイプル。5点留めボルトオン。22フレット、多分34インチ

SANY0017.jpg
裏には恥ずかしいステッカーを恥ずかしげも無くベッタリと貼っている。
だって20代前半の頃メインに使ってたベースだもの

音はドンシャリ。
スティングレーみたいな音でコイルセレクターで気持ち音が変わるけどあんま気にした事ねぇうわぁああああああああああああ地震だああああああああああああああああああああああああああ
アラやだ震度2か3ですってよ怖いわぁ
やーねーまだ揺れてる気がするわぁ
怖いわーあー怖い
続き
やたらとタフな造りなので放っておいてもネック曲がりません。チューニング狂いません。
その代わりやや重いです。ボディもデカめです。
でも僕は身長が2m強あれかしと思い込んで日々を過ごしているので気にしてません。本当は175cm弱です。
ちなみにアドルフ・ヒトラー総統も175cmです。ちなみにラルクのハイドは156㎝です。ジークハイド
価格的には中の下辺りなんでしょうけども、かなり優秀なベースだと思えばそう思えてくるはずです。
自分を信じて?

価格.comの中にこのベースの話題があったのでもっと詳しい情報はそっちで見ればいいのに


じゃあもう地震怖かったから終わり。終わり終わり
スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。